Plant de Vigne

アクセスカウンタ

zoom RSS アンジェラ・アキと雷鳥の夜

<<   作成日時 : 2007/12/06 12:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

アーティストな友人のワイさんが私たち夫婦の分もチケット頑張ってとってくださり、念願のアンジェラ・アキのライヴへ行ってきました。

すごく良かったです・・・。3時間にもわたるステージだったのですが、アンジーの軽妙なトークと、鍵盤に指を触れた途端にさっとまわりの空気が変わる演奏、温かいけれど迫力のある豊かな声に魅了されて、終わらないで欲しい・・・もっと聴いていたい・・・・と願い続けてあっという間に過ぎてしまいました。主人が言うには、「アンジェラを見つめる眼がずーっとずーっとキラキラしていたよ・・・あんな眼、美味しそうなものが目の前に来たときしかしないのに3時間持続だったよ・・・・」だったそうです。
30歳。同い年だし、なんかすべてがクルんですよ。彼女の話も、音楽も、歌詞も・・・。
すごいポジティブメッセージを力強く出していて、引いてしまいそうなくらいまっすぐな歌詞も、彼女の10年間の下積み、様々な経験、人生に裏打ちされているので、真実味を持って迫ってきて、素直に心に響くんです。
私はどちらかというと内向的なアーティストに惹かれるタイプだったので、なんだか照れてしまうのですが、彼女の出す強い光に心を奪われずにはいられませんでした。とても内容の濃い、すごいライヴでした。なかなかこんなステージには出会えません・・・。

さて、余韻に浸りつつ、オーバードホールを出た途端に「おなかすいた〜」
そりゃそうだ、22時過ぎまで飲まず食わずで、熱気に満ちたホールでアンジーに促されるまま大声で歌ったりしてたんですから・・・・。(彼女のライブでは歌わされます。「英語でしゃべらナイト」のコーナーもあり、豆知識まで身につきます。)

そこで、ヴィバ・ラ・ヴィータへ。
相変わらず素敵なシェフの笑顔。
そしてまた素敵なスタッフのお兄様。
画像


画像

サーモンのマリネ。

画像

バッカラのコロッケ。ほくほくで美味しい〜。3人、熱々のコロッケにしばらく言葉を失う・・・・。

画像

子牛の腎臓のソテー。これ美味しいんですよ・・・。

画像

サフランのリゾット。シェフのリゾットは私の中では富山ナンバーワンです。

画像

手打ちパスタ、牡蠣のクリームソース。絶品です。白ワインがすすむ・・・。

画像

ちなみにワインはヴィエ ディ ロマンス。すごくフルーティで甘い香りなのですが、とても守備範囲の広い優秀な白ワインです。

画像

ラザーニャ。

飾らない、優しい味で、ほっとします。料理って、人柄が出るんですよね・・・。
しかし、大好きなシェフの料理ですが、この日は少し食べるのをセーブしていました。なぜなら。
ご馳走様でしたと愛するヴィバ・ラ・ヴィータを後にし、向かったのは51。

「雷鳥を食べる」

という野望を果たすためです。
そう、雷鳥。天然記念物のアレです。この間立山に行ったときに遭遇したやつです。
さすがに「地産地消」をうたう51さんでも、こればっかりは外国産です。当たり前ですが・・・。
しかし、雷鳥、富山県民にとってはとても思い入れの深い鳥。食べてみたい・・・。
この間、「雷鳥、なくなりましたよね・・・・」とこーいちさんにお聞きしたら、「いや、あと一羽です」と云われたので、

「その雷鳥、 私が食べます から!とっといてください!!」

と有無を言わせずお願いしたのでした・・・。・・・。

早速51へ。
「あの、その、ららら雷鳥を・・・・。」
「今、もう焼いてますよ・・・( ̄▽ ̄)ニヤリ」
素敵!!こーいちさん!!

そしてこちらが念願の雷鳥です。

画像


やわらかい!そして食べたことのない味。トリ、というよりはもっと四つ足の動物に近い感じ・・・。胸のお肉を食べて「豚モモのハムみたい〜」と思ったのですが、焼くときにぱさぱさしないよう豚の網脂で巻いて焼くのだそう。なるほど、それで豚の香りがするんですね。
おいし〜いササミをかりっと揚げてあるのも美味しいし、モモもかぶりついて食べました。
幸せ・・・。

そしてワインはこちら

画像


ベルナール・セルボーです。
これは素敵なマリアージュでした・・・。

そして案の定飲みすぎました
ダーリンはカウンターで半寝でした・・・イタタ・・・。
51さんほんっとにすみません。

それにしても、2つも念願が叶ってしまった夜。
そのどちらも、素敵な方々の親切な助けなしには叶い得なかったことです。
私たちは幸せだな・・・。

Acco






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
ギャー!雷鳥を食べたのね!
なんか、雷鳥と言えば我らが富山の県鳥、そして北陸本線の特急列車というイメージばかりで「食べる」っていうイメージしたことなかった。確かに鳥だもんね。食べられるよね。

アンジェラ・アキさんは同い年だったんだー!心に響くライブだったんだね。旦那さまと一緒にそういう空間を経験できてすてきだね!
ひーまる姫
2007/12/07 09:52
Accoの記事は、いつも美味しそうだなぁーーー(じゅうぅ)。
指をくわえて読んでます。ワインもすすみそうだ♪

雷鳥、食べちゃったんだ・・。
いいのー?笑

天然記念物のカブトガニです!って中学校の国語の教科書に書いてあって、不思議な生き物がいるもんだ!と興味津々だったのに、
10年後、中国の映像で、みんなが泥川のそばでムシャムシャあの子達を食べてるのを見たときのショックと似てるかもーーー!!
美味しければなんでもアリのAccoがこわいーーー。笑
ぐぴろん
2007/12/07 21:40
生声はええの〜♪
でつ
2007/12/08 17:21
雷鳥って食べられるんだねぇ・・・でも少々気がひけますが(笑)
おいしいんだねぇ☆
アンジェラ・アキさんの歌声はいいよね、心に響いてくるアーティストです♪
りえ
2007/12/11 12:10
>ひーまる姫さま
そう、たべちゃった・・・雷鳥・・・。北陸本線ですよね〜サンダーバードといえば・・・。美味しかったです(笑)
>ぐぴろんさま
たべちゃったよ・・・。きっとだめだろうな、富山県民としては(笑)。
食べるということは何にしても罪深いことです。なので、ひとかけらも残さず食べきりました(爆
>でつさま
アンジーまじで良かったよ・・・。CD聴く気なくすもん・・・。
>りえちゃん
雷鳥美味しかったよ!罪の意識もぶっとぶくらい!
アンジェラいいよねえ・・・。しかしカラオケでは難しいよね・・・。
Acco
2007/12/13 08:29
いや〜、ライブ素晴らしかったですよね〜♪
3時間があっと言う間でしたよね!随分大笑いもしましたし..^ー^
あんなライブはなかなかありませんね!
ひょうりも、ほひしかったてすよね...あつあつで^-^

あぁ、あの後行かれたお店で、ら、ら、来庁もとい雷鳥も食べたんですね〜! きゃー、きゃー、食べたかったーー!
お・ぃ・し・そ・ぅ・★
鳩は昔食べた時にクセがあったような気がするけど、雷鳥はそんな感じじゃないんですね?
わいわい♪
2007/12/13 23:34
とっても素敵な夜を過ごされたんですね!
子牛の腎臓のソテーやリゾット、おいしそう♪
そして!そして!雷鳥を食べられたんですね!!
51さんで食べられるってすごい!
どんな闇ルートなのかしら(笑)
豚モモのハムっぽいって、おいしそうだし
興味あります。
来年こそは食べてみたいな〜☆
貴重なおいしい体験をされて良かったですね!

アンジーって歌に力があるし、
すっごい美形だと思う。
眼鏡なしも素敵なんですよね。
ぱんこ
2007/12/14 22:37
この間は「キジ」も食べていただきありがとうございました( ̄▽ ̄)ニヤリ

 今はコルベール(青首鴨)も入荷しました( ̄▽ ̄)ニヤリ・・・・・もちろん富山産です。
51
2007/12/17 05:43
>わいわい♪さま
ほんと〜うにありがとうございました。生アンジーに会えたのもひとえにあなた様のお陰です。
ほんと、いい時間でしたね!
そして、すみません、あの後雷鳥食べちゃいました・・・最後の一羽・・・。
雷鳥は全然クセがなくてほんと美味しかったですよ☆
またこーいちさんのところもご一緒したいです♪
>ぱんこさま
いや闇ルートじゃなく正規品らしいですよ(笑)
もちろん国産じゃないですが・・・。
ジビエの時期には、是非51さんに行ってみてください♪
ところでアンジー綺麗ですよね・・・ミーハーなので今はまっています(笑)
>51さま
キジもご馳走様でした〜。初体験でしたがほんと〜うに美味しかったです。
そして・・・コルベール!!!
その鴨!食べに行きますから!!!
宜しくお願いします!!!!!
Acco
2007/12/17 13:15
ってか「( ̄▽ ̄)ニヤリ」うまく使ってますね(笑)・・・・あとで気付きました( ̄▽ ̄)ニヤリ
51
2007/12/18 07:11
>51さま
こーいちさんといえば「( ̄▽ ̄)ニヤリ」ですからね…。これがこーいちさんの顔に見えて仕方ありません(笑)
Acco
2007/12/18 12:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
アンジェラ・アキと雷鳥の夜 Plant de Vigne/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる