Plant de Vigne

アクセスカウンタ

zoom RSS 花嫁衣裳

<<   作成日時 : 2008/06/26 12:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

先日、通っていた着付け教室の花嫁科の最後の授業がありました。
4日間の過程で、掛下、色打掛姿、お色直しの婚礼用振袖などの着付けを学び、最終日は花嫁さんのする「水化粧」もして、髪もまとめてかつらを合わせ、花嫁姿をつくるというものです。

私たちが結婚したとき、お金もなく、特にお金をかける必要性も感じなかったため簡単な式だけで済ませたので、和装の花嫁衣裳に触れるのは生まれて初めてでした。
ちょっと、感慨深かったです。
3人ペアで全員が着せあいっこしたので、私も着ました。

画像


がしかし、「水化粧」。なかなか手強かった。今はあまり白く塗らないそうなのですが、私たちは昔ながらの方法を学んだため皆真っ白です。口紅も相当赤い!!
そして教材の御着物を汚さないために首筋には塗っていません。
なんかコントの人みたくなっちゃいました(笑)。

こちらはお振袖の着付けです。
今は色々な帯結びをするけれど、昔は花嫁さんといえばこの「立て矢」結びだったのだそう。

画像


自分の娘の婚礼衣装を着付ける自信は到底ありませんが、こうやって重い掛下やお振袖を着付けたり、襟元を美しく仕上げるためのノウハウを学ぶと、また一段手が上がる感じがしました。

色々事情があって、今年中に助教授を取るのは難しいかなあと諦めかけていたのですが、やはりどうしても諦めきれず、がんばることにしました。
あとは、時代衣装の必須講座を受け、先生のところに通って帯び結びを学び、試験を受け、卒業制作(自分の帯結びを考える)をすれば修了です!
って、結構まだやることあるなあ・・・・。

でも、好きなので・・・・がんばります。

Acco

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中古のウエディングドレス 断りたくても断りづらい?
ウエディングの厳選情報今回は『中古を利用』についてです。ウエディングドレスは新品がいいとも思いつつ、ほとんど着ないので中古品でもいいかなと思ったりもしますよね。私の周りでは、他人の中古ウエディングドレスではなく、母親や姉妹の中古を利用したという話がいくつかあります。同じ中古ウエディングドレスドレスでも、知らない人が着ていたものよりは、自分の身内が着ていたドレスの方が気持ちよく着れますよね。お母さんが着ていたウエディングドレスは、やっぱり今までのいろいろな歴史や思い出が詰まって... ...続きを見る
ウエディングドレスを着るために・・
2008/11/21 03:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
私ももう少し娘が大きくなったら着付け、習いたいな〜。私も結婚式のときは洋装のみでしたが、じつはその前に某ホテルのブライダルショーにモデル(?)として出演したことがあり白無垢&色内掛けを着たことがあります。重かったわ〜。
ももじろう
2008/06/26 16:42
正面から見せんかい!
でつ
2008/06/26 16:42
頑張れ〜!!
若い時の苦労は〜買ってでもしなさい!って!
また〜我が家で飲みましょ!
レオン
2008/06/26 22:04
ステキーーーーー!!!
着付けを本格的に習っているのね♪
私もあこがれはあるけど実際に習うまでの気持ちには至っていないの・・・。だけどほんといいなー。

水化粧のところ、読んでて笑ってしまった!
美人なAccoちゃんでも、顔だけ真っ白に真っ赤な唇?とイメージしたらバカ殿みたいなお化粧が思い浮かんでしまって・・・。
ひーまる姫
2008/06/26 22:16
>ももじろうさま
モデル体験!!いいなあ〜。白無垢着てみたい。
着付け、自分が着られたらいいな、くらいの軽い気持ちで始めましたが、やってみると楽しくて。やはり日本の民族衣装ですからね〜。
>でつさま
いやいや、見せられないんだってば〜。
>レオンさま
がんばります〜!!
そして酒飲みに伺います〜♪
>ひーまる姫さま
着物は良いですよ〜。習わなくても、色々な方に是非着る機会を増やしてほしいなと思います。
そうそう、お化粧はほんと「バカ殿」そのものでした(笑)面白かったです☆
Acco
2008/06/30 12:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
花嫁衣裳 Plant de Vigne/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる