シャンパンと仙人のサラミ

娘が調子悪くて早めに寝たのをいいことに、某リカーショップ店主様をお招きして久々にゆっくりお酒を飲みました。
お客様のお土産はこちら

画像


そして、飛騨で購入された、仙人のような方がお作りになっているというサラミ。

画像


カチカチに硬くて、実がぎゅっとつまっている感じ。口の中でなんともいえない旨みがひろがります。辛い方は、少し甘みを感じる飲み物に合うそう。私は、モルトとかを想像していたので、新しい発見。

最初は、ジュリアン・メイエーで。
画像


これときゅうりの冷たいスープがよく合いました。
画像

能登島の祖父が作った大きいきゅうりです。
メイエーのひねた感じをうまくきゅうりが消してくれ、メロンのような味わいに。

桃と生ハムのはちみつサラダ
画像


メイエーともボーモンともよく合いました。
メイエーを飲んだ後だと、ボーモンは少し甘く感じる。辛いサラミも、メイエーとだとぶつかるけど、ボーモンだったらしっくり来ました。

さばラグーのパスタ
画像

ナスはやはり能登島産。さばラグーはうちの定番です。

ジャガイモのグラタン
画像

チーズは、北海道のレラ・へ・ミンタルというチーズとグリュイエールを使っています。

チーズですが、
画像

ノルウェーの「イエトオスト」という褐色のチーズ、食べて「絶対キャラメル入ってる!」と言っていたのですが、これは加熱することで起こる反応と、乳糖が多く残るためだそうです。甘くてびっくり。さすがにワインには合いません。

最後にピノ。
画像

シャンボール・ミュジニーらしい水や花の感じはあまりなく、どちらかというとモレサンドニっぽい?と主人が言っていました。岩の感じ・・・。

それにしても、お客様と主人とのワインのお話は尽きません。素人の私は、横で聞きつつ、「その単語の説明を…」と話の腰を折っていたのですが、聞いていて楽しかったです。
ワインの葡萄の収穫のしかたとか。「機械収穫」の仕方、想像つかなかったのですが、振動で葡萄の房を落とすのだそう。ちょっと木が可哀想ですが、フレッシュな葡萄を使えるというメリットもあるのだとか。

お客様はいつもどおり眠そうにお帰りになりました。
ご馳走様でした!

Acco

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ももじろう
2007年07月06日 10:38
いつもすごいお料理作ってるね~。
うちのダンナはビール大好き、たまに焼酎。
食べ物はこじゃれたものよりも唐揚げが一番!
なので作り甲斐ないよ(-"-)
うちに飲んでないもらいもののワインがゴロゴロしてます・・・
近かったらあげたいよ~。
りえ
2007年07月06日 11:19
サラダもパスタも美味しそうだね☆
うちも晩酌するとしたらビールだねぇ・・・
今は私が妊婦だからすっかりビールも買わないけど。
飲んでも良いって言うのに一人じゃ美味しくないんだって。
やっぱり夫婦での晩酌が一番なんだろうね。
うちにもワインやら焼酎やら日本酒やら飲まないので
もらい物が貯まってしまっています。
ワインや日本酒はお料理に使ったりできるけど
焼酎には困っています・・・。濁った焼酎とか独特のものばかりだし(泣)
ホントAccoちゃんやももちゃんとご近所だったらあげられるのに。
っていうかご近所だったらめっちゃ楽しいだろうな~なんて
想像してしまいました(笑)現実は寂しい環境デスが・・・。
2007年07月09日 12:32
そっかあ、お酒がたまる環境…うちでは有り得ないので羨ましい…ほんと、近かったら貰いに行くのになあ~!!
うちの家計はワイン中心なので…ああ…。
でも、私の妊娠・授乳中はやっぱり主人もあまり飲みませんでした。相手がいないと確かに美味しくないよね。
それにしても、りえちゃんやももちゃんがご近所だったらほんと、楽しいだろうなあ…。

この記事へのトラックバック