幸せなワイン会

先日、ホットトットクラブさんで あった素敵なワイン会に参加させていただきました。

「フランス産・生ハム ワインとのマリアージュ」

画像


メッツゲライイケダさんが、赤字覚悟で本当にそれはもう山盛りの希少な生ハムやサラミを準備してくださり、リカーショップよしださんがそれに合わせて沢山美味しいワインをご用意くださるという夢の企画。

詳細はこちら→http://blogs.yahoo.co.jp/samuchosamucho/46551673.html

画像


盆と正月と誕生日とクリスマス?が一緒にきた?くらいの勢いで、いつもはちょっとずつ大事に食べる生ハムたちが出てきて、メッツゲライイケダさんが仰っていた、「イタリア人のように山盛りでガツガツ」という表現がぴったりでした。しかもワインも飲み放題状態・・・・。
幸せすぎて、ワインの写真撮れてません。

画像


でも、次々食べてしまわずにこうして大事にお皿に集めて、どのワインとマリアージュするかな?と試していましたよ、ちゃんと・・・・・。

私が素敵だなと思ったのは、ノワール・ド・ビゴールというフランスの生ハムと、バルバレスコの古酒(紹興酒のような濃厚な味わい!)との組み合わせ。
そして、ちょっとぴりっとしているスペインのサラミと、甘いビオスパークリングの組み合わせ。
さすがです・・・・。

沢山贅沢なハムを食べ、美味しいワインを飲み、幸せだったワイン会。
その上、ちょっと恥ずかしいのですが、私たちのフルート・ピアノユニット S.D.Dに演奏の機会をいただきました。
飲んで吹いたので、あやしい演奏だったのですが、皆さんから温かい拍手をいただき、楽しませていただきました。

有り難うございました!!

みんなで「We Will Rock You」もやったのですが、オサムーチョさんは風邪気味のためいまいちフレディマーキュリーになってくれませんでした。
次回に期待です(笑)

メッツゲライイケダさん、オサムーチョさん、キョウイさん、素敵な時間をいただき、本当に有り難うございました!ご一緒させて頂いた皆様も、ほんとうに有り難うございました!!


Acco



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

オサムーチョ
2009年02月27日 16:07
見事な演奏を聴かせて頂き有難うございます♪
ほろ酔い進行中に奏でられる音色は温もりを感じました。

あのまま酔いに身を任せていれば、歌えたかもしれませんが、フレディは風邪気味じゃなくても無理ですから(笑
でも、ご自宅なら初対面のお客様が居ないので…
もっと成り切っていたような気がします(爆
変身できなかった不甲斐ない私を許してください。

人数と演奏の事もあり、あのような展開になりましたが
実はアレでも、倍以上の人数をお断りしたんですよね…

イベリコもそうなのですが、ビゴールも旨みや香り的に
試験段階で惹かれる結婚相手を見出せずにいましたが
閃いたバルバレスコ1976は狙い通りでした。

今後も準備は大変だったかと思いますが、
あのような愉しい瞬間(とき)を演出してくださり
有難うございました。
この時が永遠に続けば良いのにと感じた一夜です。
2009年02月28日 12:57
>オサムーチョさま
こちらこそ、ほんとうに有り難うございました。
幸せなワインと生ハムを堪能し、楽しく演奏させていただいて、ほんとうに時間があっという間でした。演奏のおかげで、競争率高いのに数に入れていただけたし、役得でした♪
お酒飲んでみんなで歌ったりするのは楽しいですね
そう言われたということは・・・こんどうちでやっていただきますよ~(笑)

ほんとに、素敵な時間を過ごさせていただいて有り難うございました!オサムーチョさんやメッツゲライイケダさんの、人を喜ばせようという心意気に感激でした。

個人的には、あのときオサムーチョさんが仰っていたロゼワイン会がとても魅力的に思えるので、また是非実現させてください

この記事へのトラックバック

  • フランス産・生ハム ワインとのマリアージュ

    Excerpt: イタリアやスペインの生ハムが好きな方は増加中でしょう。 さて、世界三大生ハムの産地というのは聞いた事があるでしょうか?誰がそう呼び始めたのか分かりませんが、パルマハム(イタリア)、ハモンセラーノ.. Weblog: 【富山 吉田酒店】地酒 勝駒・世界のワイン・地ビール racked: 2009-02-27 14:59