娘のお誕生日企画

コレのために相当節約の日々を送っていたので、今月はワインについてほとんどブログに書いていませんね・・・・。・・・・・。 今月は愛娘の4歳の誕生日でした。 おめでとう! 実はこの日、体調を崩していた娘ですが、ケーキはちゃんと食べることが出来ました。今回はデコレーションに動物たちの形をしたビスケットを沢山用意して娘に並べて…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

成人式

ちょっと前の話になりますが・・・。 もうすぐ成人式だなあ~とか思いながら仕事始めの日、職場の同僚に振袖の着付けをしていたのですが、どんなご縁か、はじめて大きな美容院の着付けを手伝うことになりました。 3人で28人の着付け!!とのことで、早くできるように練習しなきゃ~と連日連夜主人に振袖を着せていました(笑) サ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

あけましておめでとうございます。

って、もう10日ですけど・・・・。・・・・・。 お正月は、ちょっとだけおつまみのおせちを作り、実家でゆるゆると過ごしました。 元旦は娘も主人も私も着物で過ごしたのですが、雪が降っていて、出かける気にもならず・・・。夕方、晴れ間をみて本当にちょっとだけ、初詣に行きました。さすがにすいてました。 さて、2日。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

クリスマスは・・・

世間がクリスマス連休で浮かれている24日、私たちは仕事だったため、ちょっと遅めに休暇をとりました。 うちではささやかにクリスマス・・・。 卵アレルギーの娘のために、卵なしケーキ。 毎年同じでは芸がないので、今回は紅茶入りスポンジにしました。 「ケーキ」自体、私が作らない限りは食べられないのですごくすごく喜んでくれ…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

忘年会

クリスマス連休で世の中は浮かれていましたが、私たちも浮かれて忘年会をしました。 ワインは10本準備!! ならべてみると凄いですね。 幸せな世界が広がっています。 (ワイン入っているところ撮り逃したのでぱんこさんのブログから拝借ですすみません) さて、お客様はオサムーチョさん、ぱんこさん、わい♪さん、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

父とデート

職場の忘年会終了後、来ていた父を無理矢理引きずり出して、(母とべりっと引き離し)念願の親子デートとなりました。 あーでもないこーでもないと話しながら歩くとあっという間に51さんに着きました。 おすすめのワインをいただきます。 美味しい!身体にしみこむような透き通った香り。旨み、みたいなのがたっぷりあります。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ボーナスが出たので…。

ダーリンがおごってくれるというので、喜びいさんで行ったお店は、「クオーレ」さん。 シェフがご自身で育てた野菜や、富山県産の美味しい食材をふんだんに使った、ほんとにスローフードと呼べる素敵なイタリアンのお店です。 娘は店に着いた頃には爆睡だったので、奥様に心遣いいただいてソファにそのまま寝かせていただきました・・・。子供ウェル…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小さい晩秋見つけた~季節の楽しみ

12月2日の日曜日、晩秋の紅葉狩りに、近くの呉羽山へ行きました。 実は、結構綺麗な紅葉スポットなのです。 桜の展望広場近く。 もみじの赤が綺麗。真っ赤なじゅうたんをさくさくと踏んで歩きます。 ちょっと寒かったのですが、覆いかぶさるようなみごとな紅色に心奪われました。 紅葉の綺麗な場所の近くには、「こ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アンジェラ・アキと雷鳥の夜

アーティストな友人のワイさんが私たち夫婦の分もチケット頑張ってとってくださり、念願のアンジェラ・アキのライヴへ行ってきました。 すごく良かったです・・・。3時間にもわたるステージだったのですが、アンジーの軽妙なトークと、鍵盤に指を触れた途端にさっとまわりの空気が変わる演奏、温かいけれど迫力のある豊かな声に魅了されて、終わらないで欲…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

牛タンと大根のやわらか煮

じっくりと時間をかけて、やわらかく仕上げます。派手ではありませんが、しみじみ美味しいです。 1.牛タン1本は、熱湯で10~15分茹でる。流水で洗い流す。 2.鍋に牛タンと水を入れて弱火で1時間ほど煮る。牛タンの皮をむく。脂肪がついている部分などは切り落として形を整える。 3.大根1本は2cm幅の輪切りにし面取り…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ドニ・モルテ会

我が家のセラーで大事に大事にしていたドニ・モルテのワインたち、ある事情で早めに飲むこととなり、モルテ会となりました。 ドニ・モルテのワイン、本当に愛していたので、2006年1月の突然の死は大きな衝撃でした。もう造られることのない彼の素晴らしいワイン。どんなふうに楽しもうか、主人と色々と考えていました。 今回のお客様は、オサムーチ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ご近所飲み会

秋です。 食べ物が美味しくなってきたので、またもご近所ru-ruさんをお誘いして飲み会です。ru-ruさん、おうちで取れた柚子を沢山持ってきてくださいました。秋だなあ。 今回は、そのまた先輩のワイさんもお誘いしました。吹奏楽部が3名そろいました。 金時人参と蕪の温サラダ、さつまいものシナモンクリーム、金糸瓜のマリネ、岩…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ねこについて

昨夜、6年前天国へ行った愛猫のまにゃが夢枕に立ちました。 すると、朝、ミクシィでマイミクのこーいちさんが猫さんの日記を書いておられました。 そして、仕事で行った訪問先の飼い猫ヴィヴィアンちゃんは、いつになく私にくっついてきて、利用者さんの下肢を伸ばしたりしていると膝にのっかってゴロゴロ喉をならしていました。 まにゃが何かメ…
トラックバック:2
コメント:7

続きを読むread more

今日の愛娘

最近お絵かきに精を出している娘。 「うさぎ」 「バイキンマン」 おお、なかなかそれらしく見えるじゃないか。パパママ爆笑です。 ちょっと前まで、顔から手足が生えていたので何を描いても「かびるんるん」みたかったんですが、最近は体幹を描くことが出来るようになってきました。 ボディイメージがちゃんと出来…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

鴨の柿ワイン醤油のレシピ

柿の甘みだけで砂糖は加えません。濃くてしっかりした感じの赤ワインに合います。 余裕があれば、料理に飲むワインを使うと素敵にマリアージュします。 1.鴨ロース肉1枚は、肉の端の薄い部分を切り分けてフィレの形に整えます。皮に細かく切り込みを入れ、全体に塩をしてしばらく置きます。  切り分けた部分は、スープの身にしたりします…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

シャトー・ラヤス  シャトー・ヌフデパプ ピニャン 1999

つくばのルフランでいただいた「ドメーヌ ド トゥール」がびっくりするほど美味しかったので、このオーナーのワインを飲んでみたい・・・とダーリンが奮発してくれました。 このワインは、ローヌ最高の生産者といわれるシャトーラヤスの、トップキュべよりランクがわずかにはずれる・・・とはいうものの年によってはトップより上といわれたりする…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

オセロー観劇

先週末、蜷川幸雄演出で、シェイクスピア4大悲劇のひとつ「オセロー」が富山に来たため、見逃すわけにはいかない!とばかりに出かけました。 久々に本格的な芝居を見たい、という気持ちと、蒼井優が見られる!というちょっとミーハーな気持ちで行ったのですが・・・。 1階席の観客が総立ちで割れるような拍手をしているカーテンコールの頃には…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

いらっしゃいませの飲み会

先日のワイン会に参加できなかったご近所の方をお招きして飲みました。 だって、ほんとにご近所なんですよ・・・。 いらっしゃいませ~。 カヴァで乾杯です。 わさび菜のサラダ、祖父の作ったさつまいものゴルゴンゾーラグラタン。 ボッタルガと水菜のパスタ。 ここでワインはヴィエディロマンス、ソー…
トラックバック:3
コメント:9

続きを読むread more

昆布巻きとワイン!?

まさか、昆布巻きとマリアージュするワインがあるとは!!驚きの体験です・・・。 コッリ・エウガネイ・ピノ・ビアンコ 1996 アジェンダ・ヴィニャルタ DOCコッリ・エウガネイで、ピノ・ビアンコ100%のワインです。ヴィニャルタはこの地区で評価の高い素晴らしいワインを生産している有名な造り手なのだそうです。 色々事情…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

女性醸造家のワインを集めたワイン会

10月のワイン会は、女性醸造家のワインを集めるという企画でした。 もちろん企画発案はダーリンです。 今回のお客様は、アメリカ帰りのリカーショップよしだ=オサムーチョ様、初参加のぱんこ様、私のピアノパートナー様のお三方。もうお一人は風邪でダウンでした。残念・・・。 まずは、スパークリング。 ブルゴーニュのニュイ・サ…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more