ミートボールのワイン煮込み

主人の得意料理です。 1.ハンバーグ生地を作ります。パン粉をふやかす際、牛乳でなく赤ワインを使います。よく練って生地を作ったら、200gの挽肉に対して大さじ山盛り1杯分ずつくらいの松の実、レーズンの粗きざみを加えて混ぜます。  *卵なしで作るなら、パン粉とワインを倍量にして、つなぎに小麦粉を少し加えます。 2.…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アルテ・エゴと主人の手料理

昨日は、残業続きの私のためにダーリンが夕食を準備してくれていました。素敵。 麦のサラダ、帆立と茶豆のジュレ、ミートボールのワイン煮込み。 麦のサラダやジュレは、作る回数を重ねるごとにランクアップしてきています。美味しい。 さて、合わせたワインは、リカーショップよしださんで協議の結果こちらに。 自然派ワイン、ア…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

枝豆クリームソースの冷たいパスタ

旬の枝豆の香りと甘みを生かして。ヘルシーなパスタです。 2人分 1.枝豆3つかみ分ほどは、茹でる前に塩でよくもんで、沸騰したお湯で6分程茹で、すぐにさっと水にとって色止めをします。豆をさやから出しておきます。 2.水150ccと玉ねぎ半分の薄切りを小なべに入れ、コンソメ(化学調味料無添加のものをおすすめします。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新メニューとヴィエディロマンス

ここ何日か忙しく、ろくなものを作っていなかった(近所の焼き鳥屋とか王将の餃子で済ましていた)ので、日曜くらいは…とちゃんと作りました。 今日のワインはこちら。 店頭では手に入らないものなのですが、吉田さんのおかげでこうして手元に…。有難い限りです。リカーショップよしださんなしには生活が成り立ちません。 さて、合わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月1日富山の花火 エリックロデスと

昨夜は、富山の花火大会でした。8月に富山で大空襲があり、慰霊のために花火をあげたのが始まりだったそうです。 うちは3Fなので、窓からしっかり花火が見えます。部屋を暗くして、花火を見ながらの夕食でした。 花火とともに…と主人が選んだのはやっぱり泡でした。グラスの中にも小さな花火。 クリュグで造っていたひとが醸したシャ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

麦とろ鰻丼のレシピ

鰻丼をよりヘルシーに。栄養満点だけどあっさりといただけるので夏におすすめです。 茨城のあるお店で出していたものを再現。 1.麦飯を炊いておきます。押し麦を使うと簡単です。 2.きゅうり、大葉は千切りに。山芋はすりおろします。 3.鰻の蒲焼は、食べやすい大きさに切って、たれとともに温めておきます。 4.ど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鰻のトマト煮込みパスタのレシピ

イタリアの郷土料理に鰻の煮込みがあるそうです。白焼きの鰻なんてなかなか手に入らない…蒲焼の醤油味を活かした料理にできないものか…と思案した末出来ました。ローズマリー、長ネギ、赤ワインなど醤油と相性の良いものをプラスしてパスタでもご飯でもいける味に。 パスタ100g1人前として、2人分ほどが出来ます。 1.にんにく1片…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鰻と赤ワイン

鰻に合わせて飲む赤ワインは何だろう…サンジョベーゼ主体のイタリアワインか、ローヌか…。 と、主人と相談していたのですが、主人とよしださんとの協議の結果、こちらになりました。 カシスやブルーベリージャムの香り、油絵の具のような…(主人は「グリセリン香」といいますが、私はグリセリンのにおいを嗅いだことがないので)香り。 時間経…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

水橋 橋まつり

昨夜は、私の職場がある水橋で、「橋まつり」がありました。 この地に勤めて3年目にして初めて行きました。 神灯火流しが行われます。河の両岸に提灯が灯り、東西橋からゆっくりと海に流れていく無数の火…情緒があります。 娘、主人と3人で、浴衣でそぞろ歩き。 月も綺麗でした。 まつりのメインは花火です。 海のほうで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

岩ガキとワイン

昨日は、仕事が休みだったので、なにか美味しいものが食べたい!と近所の黒谷鮮魚店へ。 岩ガキ、サザエ、地物の蛤、平目、鰆…ああいつ来ても素敵。 研修生のフジワラさんにご飯おいでよと声をかけたので、美味しそうな海の幸を買い込みました。 鰆は、ソテーして。岩ガキは、生と、オーブン焼きで。サザエは51さんで作り方を教えてもらった香…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

オレゴンのピノ

この間、飲みながら私があまりにもアメリカの悪口を言ったので、主人がアメリカのピノを準備してくれました。 ブルゴーニュを思わせるエレガントで奥ゆかしいイメージ。 ほんのりとしたイチゴの香り、瑞々しいハーブの香り。花の蜜のような香り。とても静かなのはこのワインの個性なのか、まだひらいていないからなのか…。 ただ、ガツン系の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

熱親父倶楽部にて

土曜日は、飲み会でした。ピッチャー一個分くらい飲んで、いい感じで二次会へ。 職場の先輩のお子さん(13歳)も合流して、合計5人でホットトットクラブへ。 マスター、誕生月なのを覚えていてくれました。生チョコがサービスで出てきました。有難うございます。若者に美味しいノンアルコールカクテルも作ってくださいました。 大人はまずスパ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブルーベリー園

薪の音で素敵な夜を過ごした次の日。 朝は、館主様自ら育てたぴかぴかのかまど炊きごはんをはじめ、幸せな朝食。 こちらの宿は、朝ごはんも本当に楽しみなのです。 娘も、いっぱい遊んでもらって、すっかり皆さんになついてしまいました。 丁寧にお見送りしていただき、桜が池へ。 ブルーベリー園があるって聞いたけど…看板も何も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

薪の音誕生日ディナー

ディナーも素晴らしかったので、薪の音の続きです・・・ 楽しみにしていたディナー。みんなで浴衣を着て行きました。 子連れに配慮してくださり、広めの部屋を準備してくださっていました。 本当にいつも心配りに感謝です。 館主様が誕生日だから、とキャンドルを灯してくださいました。 ありがとうございます。 アミューズに、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

里山での休日

ダーリンが、誕生日に、城端にある「薪の音」でのゆっくりとした時間をプレゼントしてくれました。 静かな空間と、スタッフの皆様の心のこもったおもてなしに、とても癒されます。 城端の町は、何度来ても素敵な場所で、町の通りを家族3人で散歩しました。娘は「織館」にいるメンタルコミットロボットの「パロ」が大好きです。…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

魔法のローリエ

昨夜のお食事のあと、お料理についてシェフに根掘り葉掘り聞いていたら、「うちの料理のベースはこれですね」と、お店の前の月桂樹の木から葉を摘んでくださいました。 ローリエって、こんなにいい香りだったの!? びっくりする程、豊かな香り! お魚や、お肉、トマト、どんな食材とも合いそう。 次の朝、思わず料理に使いました。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

前夜祭

7月は私の誕生月なため、「妻強化月間」と題してダーリンは妻サービスに勤しんでいます。 昨夜は、誕生日の前夜祭。誕生日ディナーを、牧谷シェフのお店で。 私のために主人が選んでくれたスプマンテはヴェッツオーリのネフェルティティ '99。 スタイリッシュなエチケット。 ノン・ドサージュだけど、口に含むとほんのり甘い。オレガノの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

浴衣でおでかけ

着付けの先生が、浴衣でお出かけイベントに誘ってくださったので、家族3人と、研修に来ている女の子とで参加しました。 とやま自遊館のビアホールは、浴衣で行くと半額なんです。素敵。 娘とすっかり仲良しになってくれたフジワラさん。 それにしてもさすが着物の先生方のイベント。浴衣の着こなしや帯結びも皆さん素敵で勉強になりました。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

夏野菜のグリル

夏野菜が美味しくなってきました。この間こーいちさんのお店で付け合せに出ていた焼いたきゅうりが美味しかったので早速まねしてグリルにしてみました。 1.きゅうり、なすは適当な大きさに切り、しっかりめに塩をします。 2.にんにくのみじん切り、適当に切ったローズマリーの枝とともに、1)の野菜をたっぷりのオリーブオイルでマリネ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

保育園での愛娘

今日、娘をお迎えに行ったら、部屋の真んなかで、7、8ヶ月くらいの男の子が座って大泣きしてました。あらあら・・・先生、抱っこしてあげてよ・・・・とか思っていたら、その子を取り囲むように2,3人の園児(2~3歳児)が集まってきて、 「いないいないばあ~」 「よしよ~し」 等等とあやしているではありませんか。しかもその中にわが子が! …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more