テーマ:レシピ

さくらスイーツのレシピ

娘が普通の桜もちは苦手なので、雛祭りはこのレシピに落ち着きました。 *まず、フィリングを準備します。  コーンスターチ大さじ2、薄力粉大さじ1、キビ砂糖60~70gを耐熱容器のなかに合わせておき、その中に牛乳(豆乳でも)1.5カップを少しずつ注ぎながらよく混ぜます。ラップをしてレンジ600wで2分加熱。よく混ぜて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今のところベストなピザ生地のレシピ

ピザは簡単で幸せなのでよく焼きますが、今のところこのレシピが自己ベストです。 いくつかのポイントを押さえると、もちもちふっくらになります。私の好みですが・・・・。 約2枚分。私は3倍量くらいを仕込んで毎日のように食べます(笑) 1.強力粉200g、薄力粉50g、ドライイースト2g、水140cc、塩7gをホームベーカ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シュークルートのレシピ

あまりいい画像がなくて申し訳ないのですが・・・・。 飲み会で好評だったので。 アルザスの郷土料理です。 買い出し:豚肩ロース塊、ザワークラウト(豚と同じ重さくらい)、厚切りベーコン、玉ねぎ、美味しいソーセージ、ジュニパーベリー、ローリエ、辛口白ワイン、マスタード、ジャガイモ 1.前日に塩漬け豚を準…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

いちごのサラダのレシピ

ru-ruさんのリクエストにお答えして・・・・。 学生時代好きだったワインバーのシェフに教えてもらったドレッシングです。 女子にとても人気があります。 1.ベビーリーフは洗って水を切り、苺とプチトマトは適当に切ってサラダを作ります。 2.ドレッシングは、オリーブオイル大さじ4、フランボワーズビネガー大さじ2、カシ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

新じゃがもちのレシピ

縁日でよく売っている「もちポテト」です。 最近読んだ精進料理の本には茹でる形で紹介されていました。ルーツは精進料理なのですね・・・・。揚げるとぷっくりふくらんで愛らしいです。冷めるとしぼむので揚げたてを食べてくださいね。 1.新じゃがは皮ごと蒸すまたはレンジで加熱して、熱いうちに皮をむきます。 2.皮をむい…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

菜花、新玉ねぎとフランボワーズドレッシングのレシピ

こーいちさんのお店で、春野菜とフランボワーズビネガーを合わせていたのが新鮮で美味しかったので。春の香りを楽しめます。 1.菜花は強めに塩を入れた熱湯でさっと茹でます。すぐに冷やします。  冷やすとき、普通は流水で冷やしますが、野菜の香りを大切にしたいときは、氷水をあてた ボウルに入れて冷やします。この方法は、アスパラやブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜のラビオリのレシピ

久々にレシピを。 春らしいのでこれからの季節にぴったりです。 1.パスタ生地をつくる。 ・水 180cc ・オリーブオイル 20g ・塩 小さじ1/2 ・強力粉 250g ・薄力粉 40g 以上の材料をホームベーカリーにセットし、「生地コース」でこねる。(ホームベーカリーがない方は、粉を山にしたま…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

根菜の和風ペンネ柚子の香り

思いつきで作ったのですが、主人と娘にとても好評でした。 これは米粉のペンネで作ってありますが普通のペンネでも。 1.大根、玉ねぎ、かぶなどを1㎝角に切ります。ねぎは小口切りにします。 2.おすましくらいの塩加減のお湯でペンネをゆで始めます。 3.フライパンにごま油を熱して、(1)の野菜を炒めます。油がまわれば…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ノンオイルポテトサラダのレシピ

菜食レシピです。うちの娘は卵がダメなので、マヨネーズの代わりに豆乳を使います。 1.ふつうのポテトサラダの作り方でじゃがいもや具を準備する。 2.じゃがいもが茹で上がったら熱いうちに塩、少しのビネガーで軽く味をつけておく。こうしておくと後でドレッシングと和えた後に味がぼけない。 3.ノンオイルマヨネーズもどきを…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

牛タンと大根のやわらか煮

じっくりと時間をかけて、やわらかく仕上げます。派手ではありませんが、しみじみ美味しいです。 1.牛タン1本は、熱湯で10~15分茹でる。流水で洗い流す。 2.鍋に牛タンと水を入れて弱火で1時間ほど煮る。牛タンの皮をむく。脂肪がついている部分などは切り落として形を整える。 3.大根1本は2cm幅の輪切りにし面取り…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鴨の柿ワイン醤油のレシピ

柿の甘みだけで砂糖は加えません。濃くてしっかりした感じの赤ワインに合います。 余裕があれば、料理に飲むワインを使うと素敵にマリアージュします。 1.鴨ロース肉1枚は、肉の端の薄い部分を切り分けてフィレの形に整えます。皮に細かく切り込みを入れ、全体に塩をしてしばらく置きます。  切り分けた部分は、スープの身にしたりします…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

栗のリゾット

栗の素朴な甘みを生かしたくて、チーズは加えていません。 1.玉ねぎ1/2個はみじん切りに。くり5~6個は皮をむいて、1cm角くらいに切ります。 2.フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎを軽く炒めます。焦がさないよう注意。 3.フライパンに栗、洗わない米0.5合を加え、油がまわったら白ワイン1/2カップを注ぎ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

秋刀魚の香草パン粉焼き

10年近く、秋刀魚の季節に作り続けている定番レシピです。油をあまり使わずヘルシー。 1.秋刀魚は3枚におろし、一口大に切る。塩、胡椒をする。 2.じゃがいもは、薄切りにしてさっと茹でるか、丸ごとレンジで1分程固めに加熱し、皮をむいて薄切りにする。 3.トマトは薄切りに。にんにくもスライスする。 4.パン粉…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ミートボールのワイン煮込み

主人の得意料理です。 1.ハンバーグ生地を作ります。パン粉をふやかす際、牛乳でなく赤ワインを使います。よく練って生地を作ったら、200gの挽肉に対して大さじ山盛り1杯分ずつくらいの松の実、レーズンの粗きざみを加えて混ぜます。  *卵なしで作るなら、パン粉とワインを倍量にして、つなぎに小麦粉を少し加えます。 2.…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

枝豆クリームソースの冷たいパスタ

旬の枝豆の香りと甘みを生かして。ヘルシーなパスタです。 2人分 1.枝豆3つかみ分ほどは、茹でる前に塩でよくもんで、沸騰したお湯で6分程茹で、すぐにさっと水にとって色止めをします。豆をさやから出しておきます。 2.水150ccと玉ねぎ半分の薄切りを小なべに入れ、コンソメ(化学調味料無添加のものをおすすめします。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麦とろ鰻丼のレシピ

鰻丼をよりヘルシーに。栄養満点だけどあっさりといただけるので夏におすすめです。 茨城のあるお店で出していたものを再現。 1.麦飯を炊いておきます。押し麦を使うと簡単です。 2.きゅうり、大葉は千切りに。山芋はすりおろします。 3.鰻の蒲焼は、食べやすい大きさに切って、たれとともに温めておきます。 4.ど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鰻のトマト煮込みパスタのレシピ

イタリアの郷土料理に鰻の煮込みがあるそうです。白焼きの鰻なんてなかなか手に入らない…蒲焼の醤油味を活かした料理にできないものか…と思案した末出来ました。ローズマリー、長ネギ、赤ワインなど醤油と相性の良いものをプラスしてパスタでもご飯でもいける味に。 パスタ100g1人前として、2人分ほどが出来ます。 1.にんにく1片…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔法のローリエ

昨夜のお食事のあと、お料理についてシェフに根掘り葉掘り聞いていたら、「うちの料理のベースはこれですね」と、お店の前の月桂樹の木から葉を摘んでくださいました。 ローリエって、こんなにいい香りだったの!? びっくりする程、豊かな香り! お魚や、お肉、トマト、どんな食材とも合いそう。 次の朝、思わず料理に使いました。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

夏野菜のグリル

夏野菜が美味しくなってきました。この間こーいちさんのお店で付け合せに出ていた焼いたきゅうりが美味しかったので早速まねしてグリルにしてみました。 1.きゅうり、なすは適当な大きさに切り、しっかりめに塩をします。 2.にんにくのみじん切り、適当に切ったローズマリーの枝とともに、1)の野菜をたっぷりのオリーブオイルでマリネ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

牛すじ肉のヘルシーカレー

先週作ったカレーが好評だったので・・・。 油も、カレールーも使わないヘルシーなカレーです。 スパイス、大事です。 右の「ナチュラルピュアカレーパウダー」は、いらないものが入ってなくて、チンピとか入ってて、香りが強くて美味しい。左のほうは、上品な香りでフランス料理とかにも使えそう。 ガラムマサラも必要です。…
トラックバック:3
コメント:5

続きを読むread more

ヒラメとホタテの冷たいパスタ

ホタテの美味しさを絡めます。 1.ホタテ貝柱は、出汁用に2個とり(細かく切る)、残りは2~4つくらいに切ります。ヒラメはお刺身を準備します。玉ねぎのみじん切りを大さじ2程準備します。にんにく一片はつぶします。 2.フライパンににんにくとオリーブオイルを入れて熱し、香りが出たらにんにくは取り出します。玉ねぎのみじん切り…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

鴨のロースト

美味しい鴨胸肉が手に入ったら。 1.鴨胸肉は、皮のところに細かく切れ目を入れておきます。全体に塩をして、しばらく置いておきます。 2.油をひかない冷たいフライパンに、皮目を下にして鴨を入れ、中火にかけます。フライ返しとかで押さえながら焼いていると鴨から油が出てくるので、その油でじっくり焼きます。5分くらい焼いたら、裏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豚ばら肉のロースト

一度茹でた豚肉は油が程よく落ちて柔らかです 前日の準備 1.豚ばら肉1~2kgに塩・胡椒をすり込んで1時間ほどおく。 2.玉ねぎ半分、にんじん半分、セロリ1本は適当な大きさに切る。 3.ル・クルーゼに1の豚、2の野菜を入れ、ローリエ1枚、粒黒胡椒適量を入れてひたひたまで水を注ぎ、アクをこまめにすくいながら2時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卵なしチョコバナナケーキ

簡単だけど美味しい。 1.バター100gとチョコレート70gはレンジにかけて溶かします。 2.バナナ2本はつぶして、1に混ぜます。 3.ホットケーキミックス200gを2のボウルに加え、よく混ぜます 4.3を型に入れ、2,3回free fallして空気を抜き、180℃に熱したオーブンで30分くらい焼きます。竹串…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

野菜のパスタ

牧谷シェフに教えてもらった作り方です。 野菜の甘みが残さず味わえます。 1.トマト、ブロッコリー、玉ねぎ、えんどうなどの野菜をひとくち大に切り揃えます。 2.フライパンに少量のお湯を沸かし、美味しい塩を入れます。1の野菜を入れ、茹でます。 3.2のフライパンのなかの野菜が柔らかくなり、水分が半分くらいになった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五箇山豆腐のステーキ

ローズマリーと醤油の香りが良く合います 1.五箇山豆腐は薄切りにする(ふつうの木綿豆腐を使うときはしっかりと水切りをして同じように) 2.フライパンにオリーブオイルとローズマリーを入れて熱します。香りが出たら、ローズマリーは取り除きます。 3.2のフライパンに五箇山豆腐を入れて、軽く塩・胡椒をふり、両面をこんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しめ鯖のサラダ

鮮度のよい鯖が手に入ったときに。 1.3枚におろした鯖の半身は、骨を丁寧に取り除く。頭側の身の端の皮を少しむき、それをとっかかりにして皮をむく。 2.たっぷりの塩と砂糖少々をまぶしつけて、ディルの葉で覆い、ラップにくるんで一時間ほど冷蔵庫で休ませる。 3.酢水で2の鯖の塩を洗い流し、ディルと一緒に皮目を下にして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペンネ赤ピーマンのソース

できれば、韓国産とかのパプリカじゃなくて、国産の赤ピーマンを使いたい。 1.赤ピーマン6~7個は、グリルやオーブンで皮が黒く焦げるまでじっくり焼く。 2.皮をむいて種を除き、そのまましばらく置いておく。 3.フードプロセッサーに2を出てきた汁ごと入れてまわし、ピュレにする。水分が足りなければオリーブオイルを少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホタルイカのバルサミコソース

赤ワインに合うように一生懸命考えました。 朝取れ岩瀬のホタルイカです。 1 ホタルイカは、目をとる。 2 みじん切りのにんにくとオリーブオイルを火にかけ、香りを出す。 3 ホタルイカを加えて炒め、塩をふる。最後に赤ワインを大さじ1加えてとばす。 4 皿に盛って粗挽き黒胡椒を振り、煮詰めたバルサミコをまわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豚肩ロースのポットロースト、マスタード風味

ル・クルーゼを使うと魔法のように料理が美味しくなります。 1 豚肩ロース500gはたっぷりの岩塩をすりこみ、しばらくおく 2 キャベツ半分はざく切りに、玉ねぎ一個は薄切りに。 3 鍋にオリーブオイルを熱して、1の豚を入れ、こんがりと焼き色をつける。玉ねぎを加えて炒める。 4 キャベツを加え、白ワイン1/4…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more